本文へスキップ

舌小帯短縮症の専門医 舌小帯無料相談 静岡県 富士市 医療法人社団 井出歯科医院

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0545-71-5725

〒419-0204 静岡県富士市入山瀬2-3-76  akikuni@tokai.or.jp

舌小帯切除専門 医療法人社団 井出歯科医院

舌小帯短縮症とは

舌小帯とは舌の裏側にあるヒモのことで、生まれつき舌小帯は誰も70%ぐらい短く、これを舌小帯短縮症と言います。
舌小帯を切る基準は、舌を上顎に付けることができるかどうかです。
舌小帯の分類は舌小帯の長さと舌のどの位置についているのかで判断します。

舌小帯の分類

舌小帯異常T型は、舌小帯が舌先に付いている軽度ですが、舌小帯が長いために下顎前歯を押し続けるため「反対咬合」や「空隙歯列(すきっぱ)になりやすい。舌を前に出すことはできるため、一見舌が長いと勘違いされる。
舌小帯異常U型は、舌小帯は舌先より真ん中近い位置に付いていて、舌小帯が引っ張るためハート舌になりやすい。発音障害(構音障害)が多い。
舌小帯異常V型は、舌小帯は舌先に付いていて、殆ど舌を動かすことができません。しかし、発音障害や反対咬合にはなりません。嘔吐反射が強く、歯ブラシを口に入れただけでゲー、ゲーします。しかし、睡眠時無呼吸症になっている場合があります。
舌小帯異常W型は、舌小帯が稀に無い場合です。舌小帯が無いので切れません。
歯科検診では上唇小帯異常はチェックされますが、舌小帯異常はチェックされません。また、舌小帯異常V型は分かりやすいですが、舌小帯異常T型、U型は見過ごされます。舌小帯異常T型〜V型まで適応症です。舌小帯異常は日本人の7割以上なっています。

舌小帯短縮症の手術の時期(赤ちゃん)

生まれたばかりの赤ちゃんの舌小帯は弾力性があり、水掻きのように薄く透きとおった粘膜です。顕微鏡で観察しても重層扁平上皮の粘膜なので、この時期に舌小帯切除すれば舌小帯はまだ未分化な組織のため傷口の治りも良く、場合によっては無麻酔で手術することが可能である。しかし、現実は「哺乳障害」、「ハート舌」で舌小帯短縮症と生後1か月の検診で判明することが多いので、手術は生後2か月がベストである。

もう一つの理由は、哺乳の時だけ舌は乳首を引っ張り込み、口蓋と舌でサンドイッチにして蠕動運動して母乳を飲むことです。この哺乳の動きは持って生まれた本能で、この時期にしかできません。この舌の動きで人間は舌を上に挙げる力が養われるのです。この哺乳反射は離乳食が始まる生後6か月ぐらいに消失するので、それ以前に手術することをお勧めする。だから生後2か月なのです。

舌小帯短縮症の手術の時期(小児から大人)

舌小帯短縮症は離乳食が始まる頃から舌小帯の角化して、粘膜でなく結合組織に置き換わっていきます。
そのため小児からの舌小帯短縮症の治療は舌小帯切除手術だけで舌小帯は伸びなくなり、トレーニングが必要になります。
2歳まではおしゃぶりとムーシールドで舌の位置「舌位(ぜつい)」を確立してあげます。
人間の舌は常に上顎の口蓋にくっついているのが正常なのです。
3歳から大人は舌小帯切除手術後にスマイルスリーパーとムーシールドかタン・スプリントが必要になります。

舌小帯短縮症の現状

海外ではTongue Tie(固定された舌)と言われ、哺乳障害や言語の発音ができないと困るので、赤ちゃんの時に舌小帯を切っています。日本でも昔は赤ちゃんを取り上げた産婆(現:助産師)や産婦人科医が哺乳障害の疑いのある舌小帯を切っていたが、舌小帯切除が保険診療に導入されてから小児科医や耳鼻咽喉科医や口腔外科医が行うはずであった。しかし、舌小帯切除を懐疑的に思っていたため、舌小帯切除は必要ないとしてしまったのである。そのため舌小帯が舌先にくっつき動きに制限がかけられ、哺乳障害や摂食障害(食べたり、飲んだり)や発音障害(構音障害)になることは分かっていても多くの小児科医は「舌小帯は切る必要性が無い。様子を見ましょう。」と言って患者さんに告げて放置するのである。今、舌小帯短縮症では乳首を口腔内に引っ張り込むことができない哺乳障害になっていて、母親も赤ちゃんが母乳を上手く飲んでくれないため「乳腺炎」で困っているのにである。また、なぜ3歳まで発音障害(構音障害)が出るまで待たなければならないのか多くのお母さん方は疑問に思っている。

舌小帯短縮症の発音障害(構音障害)

舌小帯短縮症の発音障害(構音障害)は、舌が舌小帯短縮症のために動きに制限を受け、下顎の前歯の裏側に舌がくっつく「低位舌(ていいぜつ)」が原因です。
治療方法は、舌小帯切除後に舌を上顎の口蓋にくっつけるトレーニングが必要になります。

舌小帯短縮症の摂食障害

舌小帯短縮症の治療を赤ちゃんの時にしなければ、舌の運動が制限され、咀嚼や嚥下ができなくなります。
そのため、早食いや食べるのが遅い症状が出ます。

舌小帯短縮症手術

舌小帯切除手術は厚生労働省が認める保険診療です。
病名は「舌小帯異常」
手術名は「舌小帯形成術」です。
手術コード
歯科 J027  頬・口唇・舌小帯形成術 560点(5,600円)
医科 K419 頬・口唇・舌小帯形成術 560点 (5,600円)
歯科でも医科でも保険で舌小帯切除は行うことができます。
一部の耳鼻咽喉科医や小児科医や歯科医師がレーザーで舌小帯を切るだけにしていますが、これは切開しただけなので傷口に瘡蓋ができ、瘢痕治癒して癒着してしまいます。それを防ぐために「舌小帯切離伸展術」を行って縫合します。縫合しなければ、舌小帯を切っても伸びません。また舌先に入った舌小帯は撤去しなければハート舌は治りません。

医療法人社団 井出歯科医院で行われた舌小帯切除


2008年〜2015年までの年代別舌小帯切除手術を受けた患者数


   

舌小帯を切らない場合に出る障害

(1)赤ちゃんの哺乳障害
舌小帯が短いと乳首を口の中に引っ張り込めないし、哺乳反射ができないので母乳やミルクが飲めずに体重増加が少ない。偶に舌小帯短縮症でも体重増加がある場合は、お母さんの母乳の出が良い場合がある。あくまでも舌小帯が短ければ早めに切ることをお勧めする。
(2)よだれ
舌小帯が短いために運動制限がかかり、飲み込めない嚥下障害。
(3)発音障害(構音障害)・滑舌が悪い
舌小帯が短いために舌が下顎前歯の裏側にくっついている低位舌が原因。
(4)乳歯の反対咬合
低位舌が原因で、いつも下顎前歯を唇側に押し続けているため。
(5)アトピー・アレルギー
舌小帯が短いために低位舌になり、口呼吸になる。口呼吸になると扁桃腺が感染しやすくなる。
(6)食べるのが遅い・早い
舌小帯が短いと舌の運動制限がかかり、食物を喉の奥に持っていけなくなる。ずっと噛み続けるのが遅い原因、丸呑みが早食いの原因。
(7)睡眠時無呼吸症
仰向けに寝ると、舌が沈下して息が止まる。
(8)発達障害・多動性障害
睡眠時無呼吸症の原因と同じく、脳に酸素が十分に行かないのでは?

舌小帯を研究する機関が日本には無いため、舌小帯は未だ解明されていないことが多いのです。


Q&A

Q:舌小帯短縮症の治療はいつから?
A:生後間もない赤ちゃんの舌小帯は水掻きのように薄い粘膜です。
この時期に切ればトレーニングの必要はありません。
様々な疾患の予防になります。
Q:舌小帯短縮症の手術はどのようなものか?
A:舌小帯短縮症の手術は全て局所麻酔で行います。
全身麻酔ではリスクが大きいからです。
手術時間は5分程度です。
Q:舌小帯短縮症の手術は保険診療可ですか?
A:舌小帯短縮症手術は舌小帯形成術と言われ、保険診療で5,600円で負担率で変わります。
Q:手術後に注意することは?
A:麻酔は1時間半効いているため、小児は舌が麻痺しているので噛んでしまう「咬傷」になります。
予防は手術で使用したバイトブロックを1時間半お子さんに噛んでもらいます。
Q:舌小帯手術後の食事は?
A*できましたらハンバーガーのような固形物がいいのですが、食べられない場合はプリンやゼリーを食べさせてください。
Q:トレーニングはいつから始めるのか?
A:赤ちゃんはおしゃぶり、小児はおしゃぶりとムーシールド、小児以上はスマイルスリーパーとタン・スプリントで手術後翌日からトレーニングです。

Q:哺乳障害で小児科にかかったが、3歳から5歳ぐらいに「ら」が言えなかったら専門医で切ってもらってくださいと言われたが、それまで待つのか?
A:小児科学会では舌小帯切除を禁止しているため行っていません。逆に3歳で構音障害が分かって舌小帯を切ってもすぐには治りません。トレーニングが必要です。

Q:検診で舌小帯が短いと言われたが切らなければいけないの?
A:舌小帯が短い場合の障害が出る場合もあれば出ない場合もあります。しかし、短ければ様々な障害が将来出ます。

Q:舌小帯短縮症と舌癒着症は同じですか?
A:舌小帯短縮症は舌小帯が短い病気で、厚生労働省の認める手術です。保険診療なので、手術承諾書はありません。(抜歯と変わらない保険治療ということです。)
舌癒着症はある耳鼻咽喉科医が作った病気で存在しません。(だから厚生労働省で認められていません。)よく舌小帯短縮症と間違えて舌癒着症の病院にかかりますが、「舌小帯は関係ない。舌が下あごに癒着している。喉頭が前に倒れている。だから呼吸が苦しいだろう?」とレントゲン、MRIなどの検査なしで勝手に決めつけ、健全な舌の筋肉、扁桃腺、アデノイド、唇の内側の口輪筋をレーザーで切りっぱなしにする理解しがたい処置をします。(強制して行った手術では無いということで手術承諾書があります。)

舌小帯センター(医療法人社団 井出歯科医院)  http://blog.livedoor.jp/idedentalclinic/
舌小帯切除専門医   http://ideshika.cocolog-wbs.com/coach/
井出歯科医院  http://www.fuji.ne.jp/~ide/
医療法人社団 井出歯科医院  http://www.ideshika.jp/
舌小帯センター(facebook)   https://www.facebook.com/tonguetie

informationお知らせ

  • 次回の舌小帯短縮症の手術日は

    平成29年6月25日日曜日ですが予約受付中です。
  • 平成29年7月23日日曜日は予約受付中です。
  • 遠方が理由でご来院が無理な方は無料相談はご遠慮ください。

    舌小帯切除とトレーニングは医療法人社団 井出歯科医院でしか行っておりません。
    皆さんの近くの小児科・歯科・口腔外科では行っておりません。
  • 舌小帯短縮症の手術は保険診療の手術ですので保険の戻りがあります。

    詳しくは保険組合にお問い合わせください。
  • こども医療費助成金

    受診の際は、必ず健康保険証とこども医療費助成金カードをお持ちください。
    富士市以外の市町村の方は最寄りの窓口で領収書を提出すれば助成を受けられることがあります。
  • 歯科検診でお子さんの舌小帯が短いと指摘された方へ

    まずはお電話で問い合わせください。

Ide Dental Clinic医療法人社団 井出歯科医院

〒419-0204
静岡県富士市入山瀬2-3-76
TEL 0545-71-5725
FAX 0545-72-0810
akikuni@tokai.or.jp


Today:
Yesterday: