舌小帯短縮症

ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある! 舌小帯は上部、つまり舌先に付着している場合は、舌小帯真ん中で切除しても残ってしまうので、ハート舌は治らない。 これを幼児まで放置しておくと、舌小帯が筋状になり、固くなるなる...
舌小帯短縮症

中国では生後1か月に舌小帯短縮症のチェックをしている!

中国では生後1か月に舌小帯短縮症のチェックをしている! 海外では、生まれてすぐに舌小帯をチェックされて、無麻酔で切除される。 これは舌小帯短縮症のために母国語が話せないと困るからである。 生まれてすぐの舌小帯は水掻きの膜みたく...
舌小帯短縮症

舌トレーナー効果抜群

7月に舌小帯手術をしたお子さんに舌トレーナーで訓練してもらった結果、2cmぐらい伸び、上顎に舌が付くようになり、あかんべえでかなり舌が伸びています。 やはり、舌小帯手術後の舌トレーナーの効果は抜群です。
舌小帯短縮症

歯周病は歯周病菌が原因でなく、歯ぎしりが原因!

歯科は仮説が多く、歯周病も歯周病菌が原因という仮説です。 ではなぜ歯周病は幼稚園児や小学生に無いのでしょう? 歯周病は40歳ぐらいから発症します。 しかし、むし歯は幼稚園児や小学生から発症します。 そんな時限爆弾みた...
舌小帯短縮症

舌小帯を切っても滑舌は良くならない!

滑舌が悪いのは舌小帯短縮症が原因の“低位舌”である。 舌小帯短縮症を赤ちゃんの時から放置したり、赤ちゃんの時に舌小帯を切ってもトレーニングしなければ舌小帯は伸びずに舌はそのまま動きません。 すると舌は、“便座の蓋”のように下顎を舌が...
舌小帯短縮症

孤食(こしょく)について

孤食とは一人で孤独に食べることの様です。 近年、増加しているようです。 でも、これは“食べる”には最もいい方法です。 なぜなら、食べることに集中できるから、早く食べることができます。 それを人と話しながら、テレビを観...
舌小帯短縮症

舌小帯は分類によって切るわけでなく、全て口蓋に舌先が付かなければ切ります!

舌小帯短縮症

滑舌(かつぜつ)が悪いのは舌小帯短縮症と低位舌が原因

滑舌が悪いのは舌小帯が短いだけではない! 滑舌が悪い人が舌小帯を切っても治らないのは、舌の口腔内における位置に問題があるからです。 舌を常に口蓋に付けておかなければなりません。 そのトレーニングには、タン・スプリントとスマイル...
舌小帯短縮症

経験のない医師・歯科医師は安易に舌小帯手術を行ってはならない!

(舌小帯に関して未熟な知識しかない医師に実際に手術され、やらなくてもいい上唇小帯まで切られて、哺乳障害になっている医師への警鐘です。) 小児外来で舌小帯手術をHPに載せて、行っている病院があります。 赤ちゃんは表面麻酔だけで切除...
舌小帯短縮症

舌トレーナーの効果

舌小帯切除手術後に舌トレーナーを使用して2か月。 最初は、舌が唇より前に出なかった舌がこれだけ伸びています。 これによって、舌の根元の喉頭蓋の動きがスムーズになり摂食障害も改善できます。 それに睡眠時無呼吸症も改善できます...
タイトルとURLをコピーしました