1. TOP
  2. 舌小帯手術の注意

舌小帯手術の注意

赤ちゃんの舌小帯手術の注意

赤ちゃんの舌小帯手術前にしておくこと

1.手術後に母乳やミルクが飲めなくなる場合があるため、スポイトで搾乳した母乳やミルクを舌の上に流し込むように練習してください。(薬も飲むため)

2.哺乳瓶の乳首の穴を箸で大きくして、搾乳した母乳やミルクを飲めるようにしておいてください。

3.赤ちゃんの手術後のリハビリは、母乳やミルクを飲むことが中心ですが、口呼吸防止に“おしゃぶり”を常にするようにしてもらっています。(哺乳時以外はずっと)

4.手術前2時間前に授乳しておくこと。

5.手術前1週間前に風邪をひかせないこと。

赤ちゃんの舌小帯手術後に注意すること

1.麻酔は術後1時間ぐらい効いていますが、待合室で授乳できればしてください。

2.もし飲めない時は、薬局で処方された鎮痛薬(カロナールシロップ)をスポイトで飲ませてから授乳してください。

3.指で傷口を触らせないでください。

4.もし夕方まで授乳できずに脱水症状を起こしている場合は、夜10時まで救急医療センターに小児科医がいますのでかかって点滴を受けてください。(殆どありませんが。)

5.縫合した糸が取れたり緩みますが、一晩だけ持てば大丈夫です。

6.溶ける糸は溶けるまで1か月ぐらいかかる場合もあります。

乳幼児・小学生の舌小帯手術での注意

乳幼児・小学生の舌小帯手術前にしておくこと

1.乳幼児(生後6か月~3歳)までは必ず“おしゃぶり”を良くさせておくこと。(リハビリはおしゃぶりしかないため)

2.幼児・小学生(反対咬合)のリハビリにその他ムーシールドかタン・スプリントが必要なので術前に購入しておくこと。(タン・スプリントはオーダーメイド)

3.マグカップなどでストローで飲む練習をしておく。

4.乳幼児はスポイト飲みも必要である。

5.手術1週間前に風邪をひいた場合は、翌月にしてください。

6.手術前日にあまり遠出はしないでください。(疲れますので)

乳幼児・小学生の舌小帯手術後に注意すること

1.手術後麻酔が1時間効いていますので、その間舌が麻痺しているため面白がって舌を噛んでいます。防止するためおしゃぶりやムーシルドやタン・スプリントを口の中に入れておいてください。

2.食事はお昼にいつも通り食べさせてください。もし食べれない時はプリンやゼリーでもいいですから食べられるものは食べさせてください。

3.スポイトで搾乳した母乳やミルクをあげてください。マグカップで水分は良く取るようにしてください。(脱水症状になると困ります。)

4.ご飯ものでなく、ハンバーガー系のものがいいようです。

5.手術後はやはり遠出はしないで、夕方までイオンタウンなどに居ても構いません。

5.もし脱水症状を起こした場合は、救急医療センターで点滴を受けてください。

(前日まで熱のあったお子さんでありました)