1. TOP
  2. 舌小帯短縮症

舌小帯短縮症

2020/02/20 舌小帯短縮症
この記事は約 3 分で読めます。

舌小帯短縮症

舌小帯短縮症は舌小帯が短い病気で、舌を前に出すと舌小帯に引っ張られて、凹み゛ハート舌”や舌中央部の割れ目が奥に伸びる゛スプリット・タン”と呼ばれまする。海外での舌小帯短縮症の手術は、生まれたばかりの赤ちゃんの短い舌小帯を切り、その後2週間ライパー(新生児舌トレーニング器具)でトレーニングして完治するものを指します。日本で現在行われている舌小帯短縮症手術の舌小帯切除は舌小帯短縮症の治療手術では無く、切断手術です。海外で行われている舌小帯短縮症手術とは全く異なります。

なぜ海外では、生まれてすぐの赤ちゃんの短い舌小帯を切るかというと、スキャモンの成長曲線によると生まれてから6か月の神経の発達は著しく、その期間゛哺乳”によって成されます。舌小帯が短く、舌の哺乳の動きが阻害されれば、6か月間の舌の動き、゛話す”゛食べる”゛飲み込む”゛呼吸する”のプレ準備が不完全になり、逆に病気の元になります。この6か月間に人間の一生分の舌の動きの土台作りになり、この期間にスムーズに哺乳できなければならないのです。海外の医師達には新生児の舌小帯短縮症手術は常識です。

一方、日本でも昔産婆さんが生まれたばかりの赤ちゃんで舌小帯が短く、おっぱいの吸い付きが悪いと判断した場合にハサミで切っていたのです。しかし、医療行為と言うことで廃止され、代わりに小児科医が引き受けたのですが、迷信や悪習間として止めてしまったのです。この代償は大きく、新生児の舌小帯短縮症手術をしなくなった結果、哺乳障害、嚥下障害、摂食障害、誤嚥、口呼吸、低体温症、アレルギー・アトピー、低位舌、歯ぎしり、歯周病、舌がん、乳幼児突然死症候群、いびき、睡眠時無呼吸症、構音障害、滑舌が悪い、認知症、発達障害の可能性が出てきていますあります。

更に、最近ではオーラルフレイル、3歳で「さ」が言えない口腔機能発達不全症の原因が舌小帯短縮症手術を赤ちゃんの時にしなかったことと分かっています。それは小児科医がハート舌の哺乳障害の赤ちゃんが来院した時に、「哺乳障害は様々な要因があり、舌小帯短縮症が原因では無い。3歳までに『さ』が発音できなかったらその時に切ればいい。それまで様子を見ましょう。」と言って何もしないで帰します。この時に小児科に舌小帯短縮症手術を行っていれば、3歳で「さ」が言えない口腔機能発達不全症に成らなくて済んだし、口腔機能発達不全症という病気も存在しなかったのです。

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    令和2年3月22日日曜日の舌小帯切除手術は延期します

  • オーラルフレイル・誤嚥性肺炎・嚥下障害予防・舌小帯短縮症手術専門医

  • 口呼吸治療用器具・スノアガード(新型コロナウィルス予防器具・マスク要らず)

  • NO IMAGE

    新生児(赤ちゃん)の舌小帯(イスラエルDr.Eyal Botzer)の論文

関連記事

  • NO IMAGE

    令和2年3月22日日曜日の舌小帯切除手術は延期します

  • 笑ってコラえて「かとうあい」さん

  • ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

  • NO IMAGE

    新生児(赤ちゃん)の舌小帯(イスラエルDr.Eyal Botzer)の論文

  • 舌小帯短縮症と舌癒着症は別物で、舌癒着症なんて存在しない病気である!

  • 新・舌小帯切離進展術