1. TOP
  2. 舌小帯切除手術11年後

舌小帯切除手術11年後

2019/07/20 舌小帯短縮症
この記事は約 1 分で読めます。

舌小帯切除手術11年後

小学生の時に「食べるのが遅い」という主訴で、舌小帯切除した患者さんです。

当時は、舌トレーナーは無く、あかんべえをしたり、パタカラで唇を閉じるトレーニングのみでした。

それでも舌がこれだけ挙がっています。

舌小帯を切れば滑舌が良くなったり、摂食障害が治るのではなく、術後のトレーニングが必要です。

 

ライター紹介

S36Y08M02D

この人が書いた記事

  • 舌小帯専門医が書いた本・舌小帯短縮症ハンドブック

  • 緊急告知!舌小帯短縮症の従来の手術方法は誤り!

  • アヴェオTSD(AveoTSD)

  • 舌のトレーニング器具

関連記事

  • NO IMAGE

    舌小帯形成術・令和元年6月23日日曜日無事終了

  • 次回の舌小帯手術3月27日日曜日午前中です。

  • 緊急告知!舌小帯短縮症の従来の手術方法は誤り!

  • 舌トレーナー効果抜群

  • 舌トレーナーの効果

  • ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!