1. TOP
  2. 舌小帯切除手術11年後

舌小帯切除手術11年後

2019/07/20 舌小帯短縮症
この記事は約 1 分で読めます。

舌小帯切除手術11年後

小学生の時に「食べるのが遅い」という主訴で、舌小帯切除した患者さんです。

当時は、舌トレーナーは無く、あかんべえをしたり、パタカラで唇を閉じるトレーニングのみでした。

それでも舌がこれだけ挙がっています。

舌小帯を切れば滑舌が良くなったり、摂食障害が治るのではなく、術後のトレーニングが必要です。

 

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • 緊急告知!舌小帯短縮症の従来の手術方法は誤り!

  • アヴェオTSD(AveoTSD)

  • 舌のトレーニング器具

  • 令和元年8月25日舌小帯切除手術無事終了!

関連記事

  • 舌小帯の手術を受けただけでは何も変わらない!

  • 滑舌と構音障害のはなし

  • 鳥取県の桶谷式本家母乳育児相談室より舌小帯短縮症の赤ちゃんをご紹介していただいています

  • 中国では生後1か月に舌小帯短縮症のチェックをしている!

  • 次回の舌小帯手術3月27日日曜日午前中です。

  • 舌小帯短縮症の手術治療の現状調査と結果及び考察(医療法人社団 井出歯科医院患者調査)