1. TOP
  2. 舌小帯切除手術11年後

舌小帯切除手術11年後

2019/07/20 舌小帯短縮症
この記事は約 1 分で読めます。

舌小帯切除手術11年後

小学生の時に「食べるのが遅い」という主訴で、舌小帯切除した患者さんです。

当時は、舌トレーナーは無く、あかんべえをしたり、パタカラで唇を閉じるトレーニングのみでした。

それでも舌がこれだけ挙がっています。

舌小帯を切れば滑舌が良くなったり、摂食障害が治るのではなく、術後のトレーニングが必要です。

 

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    新生児(赤ちゃん)の舌小帯(イスラエルDr.Eyal Botzer)の論文

  • 新・舌小帯短縮症

  • 舌小帯短縮症

  • 日本初、舌小帯と舌小帯短縮症と術後トレーニングをテレビで解説・舌小帯短縮症専門医

関連記事

  • 経験のない医師・歯科医師は安易に舌小帯手術を行ってはならない!

  • 舌のトレーニング器具

  • 舌小帯短縮症の手術治療の現状調査と結果及び考察(医療法人社団 井出歯科医院患者調査)

  • 舌がんを予防する方法は低位舌を治すこと!

  • 日本初、舌小帯と舌小帯短縮症と術後トレーニングをテレビで解説・舌小帯短縮症専門医

  • 舌小帯短縮症と舌癒着症は別物で、舌癒着症なんて存在しない病気である!