1. TOP
  2. 海外では赤ちゃんの舌小帯切除は生後6か月まで

海外では赤ちゃんの舌小帯切除は生後6か月まで

2019/07/20 舌小帯短縮症
この記事は約 1 分で読めます。

海外での舌小帯切除は生まれてすぐか、生後6か月まで。

日本では小児科学会が舌小帯切除を否定しているため、海外の舌小帯切除の実態を調査しようとしません。

海外の情報は、海外で出産してから日本に戻ってきたお母さんが、生まれてすぐ向こうで舌小帯を切るように勧められたが、日本の小児科にかかると「3歳までに『さ』『ら』が言えなかったらその時に切ればいい。それまで様子を見ましょう。」と言われるが本当はどうですかという問い合わせがあることで判明する。

韓国でも生まれてすぐだし、オランダでもそうです。

一番ベストは生後2か月ぐらいです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

舌小帯短縮症の手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

舌小帯短縮症の手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • 舌小帯切除手術が失敗したとかやらなければよかったと思われている方へ

  • 海外では赤ちゃんの舌小帯切除は生後6か月まで

  • 舌小帯の手術を受けただけでは何も変わらない!

  • 舌小帯切除手術11年後

関連記事

  • ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

  • 海外では舌小帯切除手術は生後6か月までしか行わない

  • 海外では舌小帯の表層だけ切る手術が出始めている

  • 中国では生後1か月に舌小帯短縮症のチェックをしている!

  • 舌小帯短縮症の中等度が反対咬合(受け口)になる

  • 滑舌と構音障害のはなし