1. TOP
  2. 赤ちゃんの舌小帯の付着位置による分類

赤ちゃんの舌小帯の付着位置による分類

2019/03/13 舌小帯短縮症
この記事は約 2 分で読めます。

赤ちゃんの舌小帯の付着位置による分類

 

 

 

 

 

I型は舌小帯の付着位置が舌先で、ハート舌と言うより「スプリット・タン」と呼ばれ、舌の上にスジが入り込んでいて、2つに割れている。

このタイプの舌小帯が増えているため、手術が難しい。

入り込んだ舌小帯を全て撤去することは困難。

Ⅱ型は舌小帯が舌先よりやや下の位置にあるもので、比較的手術後の予後はいいです。

Ⅲ型はⅡ型よりまだ舌小帯が下の位置にあるもので、中等度の場合が多い。

手術は比較的予後はいいです。

Ⅳ型は舌小帯が殆ど無い状態です。

 

Ⅰ型と診断された場合は、熟練した口腔外科医が執刀しなければスプリット・タンは残ります。

 

 

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • 緊急告知!舌小帯短縮症の従来の手術方法は誤り!

  • アヴェオTSD(AveoTSD)

  • 舌のトレーニング器具

  • 令和元年8月25日舌小帯切除手術無事終了!

関連記事

  • 舌がんの簡易検査は“ルゴール液”

  • 舌小帯短縮症と舌癒着症は別物で、舌癒着症なんて存在しない病気である!

  • 海外では赤ちゃんの舌小帯切除は生後6か月まで

  • 舌小帯を切っても滑舌は良くならない!

  • 舌小帯は分類によって切るわけでなく、全て口蓋に舌先が付かなければ切ります!

  • 舌トレーナー効果抜群