1. TOP
  2. 赤ちゃんの舌小帯の付着位置による分類

赤ちゃんの舌小帯の付着位置による分類

2019/03/13 舌小帯短縮症
この記事は約 2 分で読めます。

赤ちゃんの舌小帯の付着位置による分類

 

 

 

 

 

I型は舌小帯の付着位置が舌先で、ハート舌と言うより「スプリット・タン」と呼ばれ、舌の上にスジが入り込んでいて、2つに割れている。

このタイプの舌小帯が増えているため、手術が難しい。

入り込んだ舌小帯を全て撤去することは困難。

Ⅱ型は舌小帯が舌先よりやや下の位置にあるもので、比較的手術後の予後はいいです。

Ⅲ型はⅡ型よりまだ舌小帯が下の位置にあるもので、中等度の場合が多い。

手術は比較的予後はいいです。

Ⅳ型は舌小帯が殆ど無い状態です。

 

Ⅰ型と診断された場合は、熟練した口腔外科医が執刀しなければスプリット・タンは残ります。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

舌小帯短縮症の手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

舌小帯短縮症の手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • 舌小帯短縮症手術のオンライン診療相談

  • 舌小帯短縮症の切除手術は保険診療 舌小帯形成術

  • 舌小帯短縮症の手術治療の現状調査と結果及び考察(医療法人社団 井出歯科医院患者調査)

  • 舌小帯短縮症手術・平成31年3月24日無事終了

関連記事

  • 滑舌トレーニングCDの販売開始

  • 新・舌小帯切離進展術

  • 舌小帯短縮症は舌小帯が短い形態異常の病気

  • 舌がんを予防する方法は低位舌を治すこと!

  • 歯周病は歯周病菌が原因でなく、歯ぎしりが原因!

  • 舌トレーナーの効果