1. TOP
  2. 舌小帯の手術を受けただけでは何も変わらない!

舌小帯の手術を受けただけでは何も変わらない!

2019/07/20 舌小帯短縮症
この記事は約 2 分で読めます。

  舌小帯の切除手術を受けただけでは何も変わらない!

最近は、舌小帯切除手術をする医療機関がありますが、実は舌小帯を切りっぱなしでは以前と変わりません。

術後のトレーニング法も行わなければ手術をした意味がありません。

ウチでも、以前は矯正の患者さんの後戻り防止に舌小帯切除しましたが、手術の質が良かったために舌は正常に機能しています。

しかし、他の医療機関の術前術後を見ると、舌小帯の長さは殆ど変わらず、余計太くなっています。

ウチでは29年の実績があるため、安心して手術できます。

手術後のトレーニングが重要なんです。

この写真は11年前に舌小帯手術した方ですが、このように正常になっています。

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    新生児(赤ちゃん)の舌小帯(イスラエルDr.Eyal Botzer)の論文

  • 新・舌小帯短縮症

  • 舌小帯短縮症

  • 日本初、舌小帯と舌小帯短縮症と術後トレーニングをテレビで解説・舌小帯短縮症専門医

関連記事

  • 舌のトレーニング器具

  • 赤ちゃんの舌小帯の付着位置による分類

  • 経験のない医師・歯科医師は安易に舌小帯手術を行ってはならない!

  • 舌小帯短縮症と舌癒着症は別物で、舌癒着症なんて存在しない病気である!

  • 舌小帯短縮症の中等度が反対咬合(受け口)になる

  • アヴェオTSD(AveoTSD)