1. TOP
  2. 舌小帯の手術を受けただけでは何も変わらない!

舌小帯の手術を受けただけでは何も変わらない!

2019/07/20 舌小帯短縮症
この記事は約 2 分で読めます。

  舌小帯の切除手術を受けただけでは何も変わらない!

最近は、舌小帯切除手術をする医療機関がありますが、実は舌小帯を切りっぱなしでは以前と変わりません。

術後のトレーニング法も行わなければ手術をした意味がありません。

ウチでも、以前は矯正の患者さんの後戻り防止に舌小帯切除しましたが、手術の質が良かったために舌は正常に機能しています。

しかし、他の医療機関の術前術後を見ると、舌小帯の長さは殆ど変わらず、余計太くなっています。

ウチでは29年の実績があるため、安心して手術できます。

手術後のトレーニングが重要なんです。

この写真は11年前に舌小帯手術した方ですが、このように正常になっています。

ライター紹介

S36Y08M02D

この人が書いた記事

  • 舌小帯専門医が書いた本・舌小帯短縮症ハンドブック

  • 緊急告知!舌小帯短縮症の従来の手術方法は誤り!

  • アヴェオTSD(AveoTSD)

  • 舌のトレーニング器具

関連記事

  • 舌小帯切除手術11年後

  • 舌小帯手術は不定期になります

  • 鳥取県の桶谷式本家母乳育児相談室より舌小帯短縮症の赤ちゃんをご紹介していただいています

  • 歯周病は歯周病菌が原因でなく、歯ぎしりが原因!

  • 舌小帯短縮症手術・平成31年3月24日無事終了

  • 赤ちゃんの舌小帯短縮症による哺乳障害でお母さんの乳腺炎が多発