1. TOP
  2. 舌がんを予防する方法は低位舌を治すこと!

舌がんを予防する方法は低位舌を治すこと!

2019/02/22 舌小帯短縮症
この記事は約 2 分で読めます。

舌がんを予防する方法は低位舌を治すこと!

低位舌ですと舌の側面に歯の圧痕が付き、常に舌が歯を押し続けているのである。

低位舌を治すには、まず口呼吸を治し、唇を常時閉じ、舌を上顎に付けておくことである。

唇を閉じるようにするには、口輪筋を鍛える“パタカラ”が有効で、舌を上顎に付けるにはAvoTSDで舌を前に伸ばし、エクストラロールで舌を上顎から離し、タンスプリントで上顎に付けるトレーニングが必要である。

但し、その前に舌を上顎に付けることができない、“舌小帯短縮症”の場合は切除が必要である。

その他に下顎第1小臼歯の舌側傾斜を治す矯正も必要だし、尖がっている歯が無いか確認することも必要である。

 

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    新生児(赤ちゃん)の舌小帯(イスラエルDr.Eyal Botzer)の論文

  • 新・舌小帯短縮症

  • 舌小帯短縮症

  • 日本初、舌小帯と舌小帯短縮症と術後トレーニングをテレビで解説・舌小帯短縮症専門医

関連記事

  • 舌小帯短縮症の中等度が反対咬合(受け口)になる

  • 舌小帯の手術を受けただけでは何も変わらない!

  • 新・舌小帯短縮症

  • 舌小帯短縮症は舌小帯が短い形態異常の病気

  • 舌がんの簡易検査は“ルゴール液”

  • 海外では赤ちゃんの舌小帯切除は生後6か月まで