1. TOP
  2. 舌がんを予防する方法は低位舌を治すこと!

舌がんを予防する方法は低位舌を治すこと!

2019/02/22 舌小帯短縮症
この記事は約 2 分で読めます。

舌がんを予防する方法は低位舌を治すこと!

低位舌ですと舌の側面に歯の圧痕が付き、常に舌が歯を押し続けているのである。

低位舌を治すには、まず口呼吸を治し、唇を常時閉じ、舌を上顎に付けておくことである。

唇を閉じるようにするには、口輪筋を鍛える“パタカラ”が有効で、舌を上顎に付けるにはAvoTSDで舌を前に伸ばし、エクストラロールで舌を上顎から離し、タンスプリントで上顎に付けるトレーニングが必要である。

但し、その前に舌を上顎に付けることができない、“舌小帯短縮症”の場合は切除が必要である。

その他に下顎第1小臼歯の舌側傾斜を治す矯正も必要だし、尖がっている歯が無いか確認することも必要である。

 

\ SNSでシェアしよう! /

舌小帯短縮症の手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

舌小帯短縮症の手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • 舌小帯短縮症手術のオンライン診療相談

  • 舌小帯短縮症の切除手術は保険診療 舌小帯形成術

  • 舌小帯短縮症の手術治療の現状調査と結果及び考察(医療法人社団 井出歯科医院患者調査)

  • 舌小帯短縮症手術・平成31年3月24日無事終了

関連記事

  • 孤食(こしょく)について

  • 中国では生後1か月に舌小帯短縮症のチェックをしている!

  • 新・舌小帯切離進展術

  • 赤ちゃんの舌小帯短縮症による哺乳障害でお母さんの乳腺炎が多発

  • 舌小帯短縮症の手術をするのかしないのか

  • 舌小帯短縮症と舌癒着症は別物で、舌癒着症なんて存在しない病気である!