1. TOP
  2. 舌ガンの原因は低位舌

舌ガンの原因は低位舌

2019/02/20 舌小帯短縮症
この記事は約 1 分で読めます。

舌ガンの原因は低位舌!

舌小帯短縮症だと舌を上顎に付けることができず、常時舌は下顎の歯の舌側に落ちている。

そして歯の裏側から頬側に向かって押し続けている。

これを低位舌(ていいぜつ)という。

すると、舌の側面に歯の歯型の圧痕ができ、歯の尖がっていいる部分が舌に当たれば、最初は傷になり、慢性化して口内炎の様になる。

更に、常時舌が歯に当たっているとガン化する可能性がある。

まず、鏡の前でご自分の舌をあかんべえして前に出して、舌の側面に歯の歯型の圧痕が無いか確認してください。

治療法は舌小帯切除とタンスプリントとエクストラロールと舌トレーナーです。

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • 緊急告知!舌小帯短縮症の従来の手術方法は誤り!

  • アヴェオTSD(AveoTSD)

  • 舌のトレーニング器具

  • 令和元年8月25日舌小帯切除手術無事終了!

関連記事

  • 「教科書を信じない」ノーベル賞、本庶祐氏

  • 舌小帯短縮症の手術をするのかしないのか

  • 滑舌トレーニングCDの販売開始

  • 笑ってコラえて「かとうあい」さん

  • 歯周病は歯周病菌が原因でなく、歯ぎしりが原因!

  • 土屋太鳳さんのYahooニュースの舌小帯の記事