1. TOP
  2. 舌ガンの原因は低位舌

舌ガンの原因は低位舌

2019/02/20 未分類
この記事は約 1 分で読めます。

舌ガンの原因は低位舌!

舌小帯短縮症だと舌を上顎に付けることができず、常時舌は下顎の歯の舌側に落ちている。

そして歯の裏側から頬側に向かって押し続けている。

これを低位舌(ていいぜつ)という。

すると、舌の側面に歯の歯型の圧痕ができ、歯の尖がっていいる部分が舌に当たれば、最初は傷になり、慢性化して口内炎の様になる。

更に、常時舌が歯に当たっているとガン化する可能性がある。

まず、鏡の前でご自分の舌をあかんべえして前に出して、舌の側面に歯の歯型の圧痕が無いか確認してください。

治療法は舌小帯切除とタンスプリントとエクストラロールと舌トレーナーです。

\ SNSでシェアしよう! /

舌小帯手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

舌小帯手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • 赤ちゃんの舌小帯の付着位置による分類

  • 舌がんを予防する方法は低位舌を治すこと!

  • 舌がんの簡易検査は“ルゴール液”

  • 舌ガンの原因は低位舌

関連記事

  • 笑ってコラえて「かとうあい」さん

  • 新・舌小帯切離進展術

  • 赤ちゃんの舌小帯短縮症による哺乳障害でお母さんの乳腺炎が多発

  • 舌がんの簡易検査は“ルゴール液”

  • 滑舌(かつぜつ)が悪いのは舌小帯短縮症と低位舌が原因

  • 舌小帯手術を受けたお子さんの親御さんからのメール