1. TOP
  2. 井出式舌小帯切除手術

井出式舌小帯切除手術

2018/09/25 舌小帯短縮症
この記事は約 2 分で読めます。

井出式舌小帯切除手術

今年から行っている井出式舌小帯切除手術は翌日の腫れも無く、予後が素晴らしいです。

通常は舌小帯の真ん中でハサミを入れるとダイヤモンド型(菱形)に傷口が広がり、舌は舌下小丘まで達します。

そのため、この部位は舌下腺、顎下腺開口部のため縫合できず、傷口は開いたまま創傷治癒します。

いつまでの口内炎の様になります。

しかし、新しい手術法ではピンセットで舌小帯を掴み、ハサミを舌先に向けて切り、舌先の舌小帯を撤去します。

そうすることで、ハート舌の治療も一緒にできます。

レーザーでの切開では傷口がダイヤモンド型で創傷治癒するために、舌小帯が太く固くなっていまい、舌先の舌小帯を取らないためにハート舌は残ります。

だからレーザーの様に縫合しないのは舌小帯には向きません。

それにレーザーは切開なので保険診療ではできません。

保険診療での術式は、舌小帯切離移動術で切開ではありません。

切開は「膿」が溜まった場合のみが切開です。

先日も舌小帯を切除して縫合2糸した医師の方がいましたが、舌先の舌小帯を撤去しなければハート舌は治りません。

再手術になります。

ですから、舌小帯手術の経験のない医師や口腔外科医や耳鼻咽喉科医は安易に考えていてとても危険です。

 

ライター紹介

S36Y08M02D

この人が書いた記事

  • 舌小帯専門医が書いた本・舌小帯短縮症ハンドブック

  • 緊急告知!舌小帯短縮症の従来の手術方法は誤り!

  • アヴェオTSD(AveoTSD)

  • 舌のトレーニング器具

関連記事

  • 海外では赤ちゃんの舌小帯切除は生後6か月まで

  • 「教科書を信じない」ノーベル賞、本庶祐氏

  • 緊急告知!舌小帯短縮症の従来の手術方法は誤り!

  • 笑ってコラえて「かとうあい」さん

  • 新・舌小帯切離進展術

  • 中国では生後1か月に舌小帯短縮症のチェックをしている!