1. TOP
  2. ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

2018/09/21 未分類
この記事は約 1 分で読めます。

ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

舌小帯は上部、つまり舌先に付着している場合は、舌小帯真ん中で切除しても残ってしまうので、ハート舌は治らない。

これを幼児まで放置しておくと、舌小帯が筋状になり、固くなるなるので全て撤去するのは困難になる。

大人になって全て撤去すると、知覚障害や痺れの後遺症が残る。

だからハート舌は赤ちゃんの時に撤去すれば舌先は割れない。

\ SNSでシェアしよう! /

舌小帯手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

舌小帯手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    歯周病の原因は低位舌による歯ぎしりで、歯周病菌では無い!

  • 海外では舌小帯の表層だけ切る手術が出始めている

  • 赤ちゃんの舌小帯短縮症による哺乳障害でお母さんの乳腺炎が多発

  • 滑舌と構音障害のはなし

関連記事

  • 孤食(こしょく)について

  • 中国では生後1か月に舌小帯短縮症のチェックをしている!

  • 経験のない医師・歯科医師は安易に舌小帯手術を行ってはならない!

  • 「教科書を信じない」ノーベル賞、本庶祐氏

  • 舌小帯短縮症と舌癒着症は別物で、舌癒着症なんて存在しない病気である!

  • 舌トレーナー効果抜群