1. TOP
  2. ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

2018/09/21 舌小帯短縮症
この記事は約 1 分で読めます。

ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

舌小帯は上部、つまり舌先に付着している場合は、舌小帯真ん中で切除しても残ってしまうので、ハート舌は治らない。

これを幼児まで放置しておくと、舌小帯が筋状になり、固くなるなるので全て撤去するのは困難になる。

大人になって全て撤去すると、知覚障害や痺れの後遺症が残る。

だからハート舌は赤ちゃんの時に撤去すれば舌先は割れない。

\ SNSでシェアしよう! /

舌小帯短縮症の手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

舌小帯短縮症の手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    舌小帯形成術・令和元年6月23日日曜日無事終了

  • 海外では舌小帯切除手術は生後6か月までしか行わない

  • オンライン診療無事終了

  • 舌小帯短縮症手術のオンライン診療相談

関連記事

  • 孤食(こしょく)について

  • 舌小帯は分類によって切るわけでなく、全て口蓋に舌先が付かなければ切ります!

  • 舌小帯を切っても滑舌は良くならない!

  • 舌がんの簡易検査は“ルゴール液”

  • 歯周病は歯周病菌が原因でなく、歯ぎしりが原因!

  • 中国では生後1か月に舌小帯短縮症のチェックをしている!