1. TOP
  2. 歯周病は歯周病菌が原因でなく、歯ぎしりが原因!

歯周病は歯周病菌が原因でなく、歯ぎしりが原因!

2018/08/09 未分類
この記事は約 2 分で読めます。

歯科は仮説が多く、歯周病も歯周病菌が原因という仮説です。

ではなぜ歯周病は幼稚園児や小学生に無いのでしょう?

歯周病は40歳ぐらいから発症します。

しかし、むし歯は幼稚園児や小学生から発症します。

そんな時限爆弾みたいな病気は無いのです。

誰一人、歯周病菌が原因で骨が溶けるのを見たことがないのです。

歯ぎしりは幼稚園児や小学生から大人まであります。

しかし、若ければ歯ぎしりをしない昼間に歯周組織は回復します。

それが40歳ぐらいになれば、段々回復できなくなってきます。

そのために歯ぎしりの凄い力に耐えられなくなって、一番強く当たっている歯が動揺し始めます。

そして、歯が抜けます。

すると、今度は2番目に当たる歯が動き始め、次から次に動き始めます。

歯が動くために歯周ポケットが深くなり、根っこの周りに歯垢が溜まり、歯石になります。

今までの仮説だと、歯石から骨を溶かす物質が出てきて歯周病になります。

少し前では、歯周病菌が糖尿病と関係があるとか、心臓病や全身の病気に関係があると“ウソ”を堂々と言っている歯科医もいます。

私は糖尿病でA1c6.9でコントロールしていますが、歯周病ではありません。

テレビで垂れ流す“ウソ”の情報に惑わされないことです。

歯周病の原因は、“低位舌:ていいぜつ)”です。

高いお金を出して歯周病予防のブラッシングや歯のクリーニングや歯石を取ることは、歯周病には何の関係も無いと言うことです。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

舌小帯手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

舌小帯手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    滑舌トレーニングCDの販売開始

  • 鳥取県の桶谷式本家母乳育児相談室より舌小帯短縮症の赤ちゃんをご紹介していただいています

  • 舌小帯短縮症の中等度が反対咬合(受け口)になる

  • 「教科書を信じない」ノーベル賞、本庶祐氏

関連記事

  • 舌小帯手術を受けたお子さんの親御さんからのメール

  • ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

  • 孤食(こしょく)について

  • 舌小帯短縮症の中等度が反対咬合(受け口)になる

  • 舌小帯切除手術の実績

  • 誤嚥性肺炎の原因は低位舌!