1. TOP
  2. 舌小帯を切っても滑舌は良くならない!

舌小帯を切っても滑舌は良くならない!

2018/07/13 舌小帯短縮症
この記事は約 2 分で読めます。

滑舌が悪いのは舌小帯短縮症が原因の“低位舌”である。

舌小帯短縮症を赤ちゃんの時から放置したり、赤ちゃんの時に舌小帯を切ってもトレーニングしなければ舌小帯は伸びずに舌はそのまま動きません。

すると舌は、“便座の蓋”のように下顎を舌が覆ってしまうのである。

これが“低位舌”の正体である。

更に、赤ちゃんの時におしゃぶりをしないためこれが加速する。

低位舌になると、口蓋との間に隙間が開くため“口呼吸”になる。

口呼吸になれば、扁桃腺が細菌やウィルスに感染する。

余計に鼻がつまる。

風が吹けば桶屋が儲かると同じ理屈だ。

 

 

 

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • 緊急告知!舌小帯短縮症の従来の手術方法は誤り!

  • アヴェオTSD(AveoTSD)

  • 舌のトレーニング器具

  • 令和元年8月25日舌小帯切除手術無事終了!

関連記事

  • 舌小帯短縮症の手術をするのかしないのか

  • ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

  • 海外では赤ちゃんの舌小帯切除は生後6か月まで

  • 舌小帯短縮症の手術治療の現状調査と結果及び考察(医療法人社団 井出歯科医院患者調査)

  • 舌のトレーニング器具

  • 舌小帯短縮症手術・平成31年3月24日無事終了