1. TOP
  2. 孤食(こしょく)について

孤食(こしょく)について

2018/07/09 未分類
この記事は約 2 分で読めます。

孤食とは一人で孤独に食べることの様です。

近年、増加しているようです。

でも、これは“食べる”には最もいい方法です。

なぜなら、食べることに集中できるから、早く食べることができます。

それを人と話しながら、テレビを観ながら、音楽を聞きながら漫画を観ながらではちゃんと“嚥下運動”、“摂食運動”ができないのです。

昔、3世帯で住んでいた時代、テレビも無く、食卓は静かでお茶碗に箸がぶつかる音、“かちゃかちゃ”しか聞こえなかったと思います。

子供が話をしていると、おじいちゃんが、「食べることに集中しろ!」と怒られたものです。

つまり、食べている時に話をすれば誤嚥すると昔の人は知っていたのです。

それを「・・・ながら食べる」がいつの間にか当たり前に代わっていきました。

人間の体の構造上、話しながら食べることはNGなのです。

動物だって、仕留めた獲物のお腹の一番柔らかい美味しいところだけ食べてさっさと離れます。

これは食べている時に集中しているので、一番油断しているからで、そこを逆に狙われやすいということを本能で知っているからです。

だから“孤食”だと早く食べれるんです。

よくゆっくり味わって食べるようにとか、一度口に入れた食べ物は30回噛むように言われていますが、“ウソ”です。

嚥下運動は0.5秒で飲み込みますので、ゆっくり食べたり、噛んでいたら嚥下できません。

人間は実は、“早食い”が基本なんです。

間違った“食育”は信じない事!

\ SNSでシェアしよう! /

舌小帯手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

舌小帯手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    滑舌トレーニングCDの販売開始

  • 鳥取県の桶谷式本家母乳育児相談室より舌小帯短縮症の赤ちゃんをご紹介していただいています

  • 舌小帯短縮症の中等度が反対咬合(受け口)になる

  • 「教科書を信じない」ノーベル賞、本庶祐氏

関連記事

  • 舌小帯短縮症の手術をするのかしないのか

  • 舌小帯は分類によって切るわけでなく、全て口蓋に舌先が付かなければ切ります!

  • 笑ってコラえて「かとうあい」さん

  • 鳥取県の桶谷式本家母乳育児相談室より舌小帯短縮症の赤ちゃんをご紹介していただいています

  • NO IMAGE

    滑舌トレーニングCDの販売開始

  • 「教科書を信じない」ノーベル賞、本庶祐氏