1. TOP
  2. 誤嚥性肺炎の原因は低位舌!

誤嚥性肺炎の原因は低位舌!

2018/02/21 舌小帯短縮症
この記事は約 2 分で読めます。

誤嚥性肺炎の原因は低位舌!

低位舌の原因

舌は正常な場合、上顎に沿ってくっついています。

それが舌小帯短縮症ですと舌が上に挙がらず、下顎の歯の裏側にすっぽりと入り込んでいます。

その状態から歯を内側から押し続けます。

それによって、舌の側面に“歯型”が付きます。

ひどい人になると上顎前歯の裏側が舌の先の表面に“歯型”が付きます。

そのために舌が動かないために滑舌が悪くなり、嚥下障害や摂食障害になります。

この嚥下障害や摂食障害は舌が喉の奥の方に動かないため、舌の根元にある”喉頭蓋”が気道を完全に蓋をすることができず、半開き状態になっている。

そのために食物や唾液が気道に入ってしまうのである。

それが引き金になって誤嚥性肺炎を起こすのである。

何年か前に「こんにゃくゼリーによる窒息死」はこれが原因である。

低位舌の確定診断

舌を前に出して、舌の側面に下顎の歯の歯型が付いていたら低位舌である。

または、舌小帯短縮症。

舌小帯短縮症が軽度で舌を前に出して“舌が長い”場合があるが、舌を上顎に付けないことが多い。

この場合も低位舌である。

常時、舌が上顎に付いていない場合は、低位舌である。

低位舌の治療方法

低位舌の治療方法は、大人の舌小帯短縮症切除手術を行い、その後にスマイルスリーパーで舌を前方に引っ張り、タン・スプリントで舌を常時上顎に付けるトレーニングで治ります。

 

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    新生児(赤ちゃん)の舌小帯(イスラエルDr.Eyal Botzer)の論文

  • 新・舌小帯短縮症

  • 舌小帯短縮症

  • 日本初、舌小帯と舌小帯短縮症と術後トレーニングをテレビで解説・舌小帯短縮症専門医

関連記事

  • 舌ガンの原因は低位舌

  • 経験のない医師・歯科医師は安易に舌小帯手術を行ってはならない!

  • ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

  • 低位舌治療器具・エクストラロール

  • 舌小帯短縮症の手術をするのかしないのか

  • イスラエルの歯科医師が開発した生まれたばかりの赤ちゃんの舌小帯切除手術後の舌トレーニング器具・ライパー