1. TOP
  2. 舌癒着症という病気は存在しない!

舌癒着症という病気は存在しない!

2018/01/18 未分類
この記事は約 6 分で読めます。

舌小帯短縮症と舌癒着症は全くの別物!

舌小帯短縮症は舌小帯が短い形態異常の病気で、厚生労働省で保険診療として認められているものです。

一方、舌癒着症は病気でもない健康な舌の筋肉や、上唇小帯を切ると騙して鼻中隔下制筋をレーザーでズタズタにし、鼻の穴を上向きに大きくするもので手術と到底呼べないものである。

みなさんは助産師に舌小帯短縮症と言われて舌癒着症を紹介されて行きますが、訳の分からない手術をされるわけです。

これは実際に舌癒着症の病院にかかり、手術を思い留まった人や、手術して後悔している方のお話をまとめたものです。

最初、舌癒着症は舌小帯短縮症だった!

2006年日刊ゲンダイ 9月20日
「舌小帯を切除したら、塾生徒が有名小にバンバン合格」
某お受験塾は生徒に舌小帯切除(舌癒着症)手術を勧め、青山学院や慶応など有名私大付属小学校にバンバン合格させるなど、目を見張る進学実績を上げているという。
本当にそんなことがあるのか? これまでに200例以上の舌小帯切除術実績を誇る桑島耳鼻咽喉科医院(東京・高田馬場)の山西敏郎医師が言う。「舌小帯は舌と下あごをつないでいる筋です。舌小帯切除術による効果は、アトピーやチアノーゼ、哺乳障害が劇的に改善するなどいくつもありますが、大注目はコミュニケーション能力がアップすること。人見知りが激しく表情の硬かった子がニッコリと笑い、目を合わせて受け答えできるようになるのです。お受験は、筆記試験のほか、会話力も非常に重視されるそうなので、生徒に手術を勧めて成果を上げる塾があっても、不思議ではありません」
舌小帯切除手術は低年齢ほど効果が強く出るというが、実は、大人にも見逃せない効果がいっぱいあるのだ。

舌癒着症とは

舌癒着症とは先天性舌癒着・喉頭蓋・喉頭偏位症の略だそうです。

これは舌が下顎骨に上前方に癒着しているため喉頭蓋(呼吸と嚥下の切り替えポイント)とその奥の喉頭が前に引っ張られた状態にいるそうです。

そのため呼吸がし難いらしいです。

だから舌小帯短縮症とは舌小帯の形態異常なので、舌癒着症は呼吸の問題なので舌小帯短縮症とは別物なんだそうです。

日本人の94%が舌癒着症にかかっているそうです。

残念ながら、一般の方や医師や歯科医師は舌小帯短縮症と舌癒着症は同じものと勘違いしていることが多いです。

舌癒着症の問題点

1.舌癒着症と言う名前がおかしい

舌はオトガイ舌筋(ぜっきん)でできており、下顎骨のオトガイ棘(きょく)から始まり、舌骨(ぜっこつ)、舌背(ぜっぱい・舌の上の部分)で終わる。

舌癒着症は舌小帯短縮症とは関係ないとし、舌の前方にくっついていると言うことらしいです。

舌癒着症の手術の略図では舌を挙げた裏側の真ん中にクサビのような切込みがあります。

そもそも癒着と言うのは本来くっついていない組織が炎症や手術でくっつくことを言います。

するとオトガイ舌筋と下顎骨の癒着している部位を剥離(はくり)手術するしかないのです。(実際は行われていない)

もし舌癒着症という病気があるなら、舌と下顎骨がくっついている部位を剥離しなければなりません。

2.では実際の手術はどうでしょう?

舌癒着症の病院によって違います。

基本はオトガイ舌筋表層3層切るようですが、オトガイ舌筋は格子構造になっていて、横舌筋を3回切る医師と縦舌筋を上下に縫合してから切る医師がいるようです。

いずれも下顎骨と舌が癒着しているとされる部位は切っていません。

逆に、オトガイ舌筋を切りっぱなしにするために、周りの組織とオトガイ舌筋の筋肉の断面が周りの組織と“癒着”してしまいます。

舌癒着症の手術をして本当の舌癒着に執刀した医師がしてしまうのです。

3.舌癒着症の分類は舌小帯短縮症の分類を使用

舌癒着症は舌小帯短縮症と関係ないと言いながら、舌小帯の付着部位と長さによって分類されています。

明らかに舌小帯の分類です。

(0,3)(1,3)(T,T)などの様にです。

この(T,T)と言うのはTongue Tieの略で舌小帯短縮症のことです。

4.舌癒着症の診察日に予約した時点で確定

舌癒着症では一般の耳鼻咽喉科の診療とは別に舌癒着症の予約日があり、数名で説明会と診察されるようです。

日本人の94%が舌癒着症なのに、何故か別の日の患者さんには舌癒着症と診断しないようです。

殆どは、助産師の舌小帯短縮症だから切ってもらいなさいというアドバイスで受診するようです。

しかし、別物。

問診票には赤ちゃんなら誰でも当てはまる内容、夜泣きなども入っている様であるため、どれか当てはまってしまい舌癒着症と信じるようになるようです。

4.パルスオキシメーターとファイバースコープで検査?

睡眠時無呼吸症の簡易検査のパルスオキシメーターで血中酸素飽和度の検査をする。

呼吸が止まれば酸素が血中のヘモグロビンと結合しないため、正常値の99%以下になるわけである。

哺乳中や泣いて息を止めたりすれば酸素飽和度は94%ぐらいになる。

これが異常値として舌癒着症としているのである。

また、ファイバースコープではカメラを鼻から入れて喉頭まで見るようですが、気管が狭いという理由でこれも舌癒着症にするようです。

因みに、赤ちゃんの喉頭蓋はまだ動いておらず直立していて、飲んだ母乳やミルクは喉頭蓋の両脇を通って食道に流れ込む。

だから赤ちゃんは飲みながら鼻で呼吸ができるのである。

大人にも同様にするようですが、酸素飽和度は99%、ファイバースコープでは唾液を嚥下する時に喉頭が気道を塞いで食道が開いたり、呼吸している時は喉頭蓋が直立して声帯が見えている。

喉頭蓋も喉頭も全然前方に移動していない画像です。

この段階で舌・喉頭蓋・喉頭は上前方に偏位していません。

この正常画像で確定診断しているのなら健康な人の舌の筋肉や鼻の下の筋肉を闇雲に切っているだけである。

宗教のように自分たちの理論を患者さんで実験しているのである。

もし、舌癒着症と言う病気があるのなら、手術の際は舌・喉頭蓋・喉頭が

何cm、何mm上前方に移動しているのか測定しなければならないし、本来の位置を決める方法が記載されていない。

また、オトガイ舌筋表層3層切るらしいが、分類されているので個人差があるはずである。

その場合は、2層、4層の場合もあるはずである。

しかし、舌癒着症にはそれは一切ない。

レントゲンすらないのである。

舌小帯は関係ないと言いながら、舌小帯で分類する舌癒着症はどうよ?

舌癒着症の病院には行かないこと。

これが一番なのであるが、間違って行った方はその場で手術の予約は絶対にしないことである。

一旦、家に帰ってこのHPを読むことお勧めする。

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

舌小帯手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

舌小帯手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • 舌トレーナー(舌筋訓練器)

  • 誤嚥性肺炎の原因は低位舌!

  • 舌癒着症という病気は存在しない!

  • 舌小帯手術を受けたお子さんの親御さんからのメール

関連記事

  • 誤嚥性肺炎の原因は低位舌!

  • 舌小帯短縮症の手術をするのかしないのか

  • 舌小帯手術を受けたお子さんの親御さんからのメール

  • 小児科学会の舌小帯短縮症に対する手術的治療に関する現状調査とその結果に関する井出歯科医院の見解

  • 舌トレーナー(舌筋訓練器)

  • 舌小帯手術は不定期になります