1. TOP
  2. 舌小帯短縮症は舌小帯が短い形態異常の病気

舌小帯短縮症は舌小帯が短い形態異常の病気

2017/12/20 未分類
この記事は約 2 分で読めます。

舌小帯短縮症は舌小帯が短い形態異常の病気である。

“舌小帯異常”という病名で、“舌小帯形成術”という手術名であり、厚生労働省で認める疾患で、保険診療に歯科でも医科でも認められているものである。

よく、歯科医や小児科医や耳鼻咽喉科医がレーザー切開しますが、レーザー切開では保険診療ではできません。

保険診療で認められている舌小帯形成術は、舌小帯をハサミで切り、切った舌小帯を上下に伸ばして縫合する術式である。

だからレーザーで切開するのは縫合しないで“開放創”になるため傷口が瘢痕治癒して固くなってしまい、余計に舌が動かなくなるのである。

このことを知らない歯科医や医師が多い。

切開は膿などを切開する場合のみで、口腔内消炎手術になり、もしレーザー切開を舌小帯形成術で保険請求すると不正請求になる。

舌小帯形成術は歯科だけでなく、医科でも保険診療点数にあります。

\ SNSでシェアしよう! /

舌小帯手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

舌小帯手術専門医 医療法人社団 井出歯科医院の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ideshika

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    滑舌トレーニングCDの販売開始

  • 鳥取県の桶谷式本家母乳育児相談室より舌小帯短縮症の赤ちゃんをご紹介していただいています

  • 舌小帯短縮症の中等度が反対咬合(受け口)になる

  • 「教科書を信じない」ノーベル賞、本庶祐氏

関連記事

  • 土屋太鳳さんのYahooニュースの舌小帯の記事

  • 笑ってコラえて「かとうあい」さん

  • 新・舌小帯切離進展術

  • ハート舌は赤ちゃんのうちに舌小帯上部を撤去する必要がある!

  • 舌小帯手術は不定期になります

  • 舌小帯手術を受けたお子さんの親御さんからのメール